主日礼拝

2019年8月25日   ペンテコステ・聖霊降臨節第 12主日

聖書  ルカによる福音書  12 章 35~40 節

説 教  「神の時の幸い」  坐間豊牧師

 

ルカによる福音書 12章35〜40節

 
12:35 「腰に帯を締め、ともし火をともしていなさい。
12:36 主人が婚宴から帰って来て戸をたたくとき、すぐに開けようと待っている人のようにしていなさい。
12:37 主人が帰って来たとき、目を覚ましているのを見られる僕たちは幸いだ。はっきり言っておくが、主人は帯を締めて、この僕たちを食事の席に着かせ、そばに来て給仕してくれる。
12:38 主人が真夜中に帰っても、夜明けに帰っても、目を覚ましているのを見られる僕たちは幸いだ。
12:39 このことをわきまえていなさい。家の主人は、泥棒がいつやって来るかを知っていたら、自分の家に押し入らせはしないだろう。
12:40 あなたがたも用意していなさい。人の子は思いがけない時に来るからである。」

 


2019年度の標語と聖句

標語「イエス様が信仰と生活の土台」

聖句「あなた方はキリスト・イエスに結ばれて、神に対して生きている」                      ローマの信徒への手紙6章11節


十二使徒教会は、日本キリスト教団に属する創立40年の教会です。

毎週日曜日10:30からの礼拝は どなたでもお越しいただけます。

 

聖書の教えに忠実に従うプロテスタントの教会ですので、安心して聖書のことを学んでいただけます。

 

教会の前には 月寒公園があり四季を通して自然が楽しめる憩いの場として親しまれています。

 






 

わたしたちの教会は ”統一教会(原理運動)” ”ものみの塔(エホバの証人)” ”モルモン教”とは一切関係ありません。